わら天神宮(敷地神社)(ワラテンジングウ)
住  所
京都市北区衣笠天神森町
電話番号
075-461-7676
わら天神宮(敷地神社)の写真
安産のご利益があると、戌の日には安産御守、御腹帯を授かりに多くの妊産婦の家族参拝でにぎわいます。稲わらが安産御守の本体で、そのわらに節があれば男の子・節がなければ女の子が生まれるという、いいつたえがあります。
また、六勝稲荷神社もあり試験合格の神として信仰を集め、入試シーズンには受験生達でもにぎわいます。司法試験、公認会計士、税理士等の資格試験にご利益があるといわれています。
拝観料 ありません
見どころ紹介
手水舎の写真 ◆手水舎
正面鳥居をくぐり、参道を右に曲がると手水舎があります。
社務所・授与所の写真 ◆社務所・授与所
手水舎向かいに御腹帯を授かる授与所があります。
本殿の写真 ◆本殿
参道の奥に本殿があります。
うぶ餅の写真 ◆うぶ餅
本殿を見て左側にある神具庫で、毎月九日と戌の日に笹屋守栄特製「うぶ餅」(1個120円)の出店が出ます。
京都ブランド食品に認定されたこのお餅は、安産のご祈祷をした甘酒を使って作られたお餅です。
ご参詣のお土産としても買って帰れます。
バリア情報
駐車場1の写真 ◇駐車場1
西大路を北に向かい、正面鳥居を過ぎてすぐのところに4台分の駐車スペースがあります。横に車がぴったり駐車されることがないので、車椅子を乗せ降しがしやすい駐車場です。
ただし、歩道の縁石と駐車場の向きから、正面から入ってしまうと出にくくなるので、バックで駐車場に入るようにしましょう。
駐車場2の写真 ◇駐車場2
西大路を北向きにわら天神に向かい、わら天神に着く少し前(ジョリーパスタを越えてすぐ)を左折した右側にもうひとつの駐車場があります。隣との間隔が狭いので、端のスペースが空いていない場合は利用しにくいでしょう。
また曲がり損ねても、わら天神を通り過ぎてすぐ左折し、左折を繰り返しお宮沿いに車を走らせると、駐車場にたどり着きます。
正面鳥居の写真 ◇正面鳥居
正面鳥居のところは階段になっています。(1段15cm程度)
奥行きのある段なので介助があれば入ることは可能でしょう。
北門の写真 ◇北門
正面鳥居から入ることが難しい場合は、北門から入れば低い段差で入ることができます。(約7cm程度)
ただし、こちらから入ると土の上を歩くことにあります。
北門から本殿までの写真 ◇北門から本殿まで
境内までは土やゴツゴツした石、溝があるので注意が必要です。
参道の写真 ◇参道
参道途中、二番目の鳥居前に段差が一段あります。(約8cm程度)
手水舎の写真 ◇手水舎
手水舎前には大きな石があるため、脇のところから近づき手洗いすることができます。
社務所前の写真 ◇社務所前
溝と段差があるので近づくには介助が必要です。
参道から境内への写真 ◇参道から境内へ
参道から境内に行くところに2段の段差があります。
奥行きがある段差なので介助があれば上がることができます。
拝殿前の写真 ◇拝殿前
階段になっているため、介助があり、上がることができれば利用できます。
北門から拝殿前の写真 ◇北門から拝殿前
北門を入ってすぐの車止めの所、写真の一番左のところを通ることができれば、介助がなくても拝殿前に行くことはできます。
ただし、かなり幅が狭いので小さな車椅子以外は難しいです。
※ちなみに座幅36cmの車椅子ではギリギリ通れませんでした。
神具庫の写真 ◇神具庫
階段のため、介助がないと中に入ることは難しいです。
ただ、表でも「うぶ餅」をいただくことはできます。
©barikan-kyoto since 2007

↑top