護王神社(ゴオウジンジャ)
住  所
京都市上京区烏丸通下長者町下る桜鶴円町
電話番号
075-441-5458
護王神社の写真
京都御苑、蛤御門前に位置するこの神社は、狛犬ならぬ、狛猪がお迎えしてくれます。その昔、この社に祀られている和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)が、身を賭して法王道鏡の野望を挫いたことで、大隅国(鹿児島県)へ流罪になり、出立すると道鏡の刺客により足の筋を切られてしまいました。
その時どこからともなく300頭の猪が現れ、輿の周りを守りながら、十里の道のりを無事に案内し、またどこかへ去って行きました。そして清麻呂公の足萎えも不思議に治った。といういわれから、猪が祀られるとともに、足腰の病回復にご利益のある社として知られています。
見どころ紹介
狛猪の写真 ◆狛猪
神社のいたるところに猪が祀られています。
絵巻の写真 ◆絵巻
神社正面の塀には、和気清麻呂公命の絵巻が物語順に展示されています。
「願かけ猪」と「座立亥串」の写真 ◆「願かけ猪」と「座立亥串」
御本殿前の招魂木の根元には『願かけ猪』の石像があり、多くの願かけの串(座立亥串)が立てられています。また、御本殿右側の招魂木の根元には『足萎難儀回復の碑』があり、小さなのぼりが足腰の病気・けがの回復や健康を祈願して立てられています。
いのししコレクションの写真 ◆いのししコレクション
全国各地から奉納された、いのししグッズが数多く展示されています。
さざれ石の写真 ◆さざれ石
国家『君が代』の歌詞にもなっているさざれ石があります。
お休み処の写真 ◆お休み処
境内に休憩所があり、お茶をいただくことができます。
 ■抹茶(菓子付き)    500円
 ■コーヒー(本格水出し) 300円
 ■甘酒      300円
 ■冷たい抹茶   400円
 ■ひやしあめ   300円
 ■アイスコーヒー 300円
駐車場の写真 ◆駐車場
神社北側道路に面して、駐車場入口があります。
バリア情報
駐車場の写真 ◇駐車場
数台駐車できるスペースがあります。
身障者用駐車場の写真 ◇身障者用駐車場
神社北側の駐車場に、身障者用駐車スペースが1台分あります。
境内の写真 ◇境内
境内は石畳の通路になっています。通路から外れると、結構深めの砂利になるため移動が大変になります。
本殿前の写真 ◇本殿前
本殿前の基壇を改修し、車いすでも鈴を鳴らす所まで上がれるように、スロープを設置していただけました。(2009年)
本殿内の写真 ◇本殿内
祈祷に来られ、本殿へ入るにはスロープがあり、入ることができます。
授与所・休憩所前の写真 ◇授与所・休憩所前
授与所・休憩所前は舗装され、車椅子でも移動しやすくしていただいています。(2009年)
手水舎の写真 ◇手水舎
スロープが設置され、車椅子でも近づきやすくなっています。
お休み処の写真 ◇お休み処
テーブルで椅子が外せるため、車椅子でも利用しやすくなっています。
※写真は冬場のため、ストーブが焚かれ、風除けにビニールが張られています。
身障者用トイレの写真 ◇身障者用トイレ
お休み処の奥に開き扉があり、その奥に身障者用トイレがあります。
©barikan-kyoto since 2007

↑top