京都市動物園(キョウトシドウブツエン)
住  所
京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
電話番号
075-771-0210
京都市動物園の写真
日本で2番目の動物園として明治に開園し、100年を迎えた京都動物園は、動物たちが生活しやすい環境、自然になるべく近い環境を作ることに力を注ぎ、希少動物の繁殖にも成功を収めています。また、市内にありながら、疏水や東山といった自然環境に囲まれ、静かに四季の移り変わりを感じながら、ゆっくりとした時間が送れることでしょう。
拝観時間 9:00〜17:00(3月?11月)
9:00〜16:30(12月?2月)
*入園は閉園の30分前までです。
拝観料 大人500円(団体30人以上400円)
中学生300円、小学生以下無料
*障がい者手帳提示で本人と介護者無料
見どころ紹介
◆動物園の試み
動物たちが自然にいる時の環境に近い環境をつくるということで、ゴリラの獣舎では密林を、キリンの獣舎では餌となる葉を木と同じ高さにくくりつけたり、体をかくための棒をつけたりしているそうです。
キリンのハートの写真 ◆キリンのハート
京都市動物園の母親キリンの右後ろ脚の内側のところには、ハート型の模様があります。写真でははっきりとわかりにくいですが、一度確認しに行ってみては?
図書館と展示室の写真 ◆図書館と展示室
動物に関する調べ物をするには最適な図書館と、動物の剥製などを展示した展示室があり見学できます。
◆園内にある入場時間制限のあるところ
おとぎの国 10:30〜11:20、13:30〜14:30
類人猿舎 9:00〜16:30
爬虫類館 9:00〜16:00
動物図書館 9:00〜16:30(12月〜2月は16:00)
バリア情報
◇状況
園内はほぼ砂地ですが、段差がないように考慮されています。
一部急なスロープになっているところがあります。(バク舎など)
無理せず介護者に押してもらうようにしましょう。
園内はほぼ砂地の写真 ◇園内はほぼ砂地
左の写真のように、園内はほぼ砂地となっていますが、硬く固められていますので移動しにくさはあまり感じません。
段差の写真 ◇段差
砂地と舗装されているところの境が、風雨により若干段差ができてしまっているところがあります。(おおよそ3cm〜5cm)
身障者用トイレとAEDの写真 ◇身障者用トイレとAED
出入口横事務所及び展示室建物内に身障者トイレとAED(自動体外式除細動器)が設置されています。
身障者用トイレ1の写真 ◇身障者用トイレ1
オランウータン舎横の身障用トイレです。男女別であります。
身障者用トイレ2の写真 ◇身障者用トイレ2
ホッキョクグマ舎横の身障用トイレです。男女別であります。
身障者用トイレ3の写真 ◇身障者用トイレ3
類人猿館横の身障用トイレです。男女別であります。
スロープの写真 ◇スロープ
段差のある部分にはスロープが設置されています。
食堂の写真 ◇食堂
園内に2ヵ所食堂があります。2ヵ所とも出入口に若干段差がありますが、中はテーブル席となっているので利用可能です。
◇補助犬について
補助犬の同伴は不可としています。お申し出によりスタッフの方が案内をしてくれます。
©barikan-kyoto since 2007

↑top