京都市美術館(キョウトシビジュツカン)
住  所
京都市左京区円勝寺町124(岡崎公園内)
電話番号
075-771-4107
京都市美術館の写真
拝観時間 9:00〜17:00(入館は 16:30まで)
拝観料 入館料は、展覧会により異なります
※京都市の主催展については、障害者割引があり、手帳の提示により本人と介助者1名無料となります
※貸館展についてはほぼ同じ扱いとなりますが、主催団体により対応が異なりる場合があります、ご了承ください
見どころ紹介
◆展覧会
年間を通じて多くの展覧会が催されています。
展覧会の内容につきましては、京都市美術館オフィシャルホームページでご確認下さい。
ミュージアムショップの写真 ◆ミュージアムショップ
常設のミュージアムショップはありません。
展覧会により特設したり、受付でハガキや図録を販売したりしています。
疎水沿いの写真 ◆疎水沿い
京都市美術館の疎水沿いはベンチがあり、ここを訪れた人の憩いの場として利用されています。また、桜が植えられていて、春になると花見に訪れる方も多いそうです。
美術館裏の写真 ◆美術館裏
美術館の裏には回遊式の庭園があります。
また、この庭園を通り抜けると京都市動物園前に出ることも可能です。
藤棚の写真 ◆藤棚
庭園には藤棚があり、その季節になると藤の花がキレイに咲き、藤棚越しの庭園の風景が楽しめます。
バリア情報
身障者用駐車場の写真 ◇身障者用駐車場
美術館には駐車場はありませんが、身体に障害があり、車いすを使用していて公共の交通機関を利用しにくい方は美術館前のスペースを駐車場として使うことができます。
事前に連絡しておくか、もしくはインターホン(写真)からお申し出ください。
※こちらがいっぱいの場合は、少し距離がありますが、本館裏のスペースに駐車していただくことになります。(その場合の侵入口は動物園側になります)
入口付近の写真 ◇入口付近
入口はスロープになっているので車椅子でも大丈夫です。
入口の写真 ◇入口
入口に向かって左側が車椅子での出入がしやすいように、自動ドアとスロープが設置されています。
貸出し車椅子とAEDの写真 ◇貸出し車椅子とAED
入口入ってすぐ左側に貸出し用の車椅子(介助用)とAED(自動体外式除細動器)が設置されています。
エレベーターの写真 ◇エレベーター
美術館へ入って左側に身障者対応のエレベーターがあります。
貸出し用車椅子の写真 ◇貸出し用車椅子
1階エレベーターホールにも貸出し用の車椅子があります。
借りる場合は美術館スタッフにお声掛けください。
1階身障者用トイレの写真 ◇1階身障者用トイレ
1階に2ヵ所、身障者用トイレが男女別であります。
一般トイレのドアを入ってすぐのところに身障者用トイレのドアがあります。
1階トイレ注意点の写真 ◇1階トイレ注意点
入る時は良いのですが、出る時トイレ入口のドア(身障者用トイレのドアではありません)を押して出ようとすると、出たところが上りのスロープになっているので、ドアが途中で引っかかり開ききらないため、車椅子の幅によってはドアを手前に引かないと出られないかもしれません。(おそらく電動は出れません)ただしドアに取っ手がないので引くことも難しいため、車椅子の幅が大きい場合は2階のトイレを使ったほうが良いでしょう。
2階身障者用トイレの写真 ◇2階身障者用トイレ
2階にも2ヵ所、男女別で身障者用トイレがあります。
2階身障者用トイレ出入口の写真 ◇2階身障者用トイレ出入口
2階の身障者用トイレ出入口前もスロープになっています。
ドアの開け閉めには影響ありません。
通路の写真 ◇通路
各展示されている部屋と部屋の間に、若干段差があるところがあります。
たいてい1cm程度のため気になりませんが、ところどころ2cmくらいのところがあります。
もし段差が越えられないような場合は、各部屋の入口の展覧会関係の方にお声をおかけください。
※展覧会主催団体が異なるため対応できない場合もあるかもしれません。
屋外(藤棚)の写真 ◇屋外(藤棚)
藤棚の下に休憩スペースがあります。
一部スロープがありますので、そちらから上ってください。
屋外(庭園)の写真 ◇屋外(庭園)
回遊式庭園内も車椅子で行くことは可能です。
通路は硬く固めた土です。
一ヶ所写真にある石橋を車椅子で通る時は気をつけて通ってください。
©barikan-kyoto since 2007

↑top