大本山 天龍寺(臨済宗天龍寺派)(テンリュウジ)
住  所
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号
075-881-1235
大本山 天龍寺(臨済宗天龍寺派)の写真
観光で有名な嵐山の、渡月橋より観光客が多い道を北へ進むと道に面して自然豊かな天龍寺の出入り口があります。
1339(暦応2)年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、無窓国師を開山として創建した禅寺です。
拝観は午前中がお勧めです。
拝観時間 8:30〜17:30(10月21日〜3月20日は17:00まで)
拝観料 ○参拝料:500円(建物内、車イスは入れません)
○庭園参拝料:大人 500円、小中学生 300円
 ※障害者手帳提示で本人のみ 100円割引
見どころ紹介
庭園(曹源池=ソゲンイケ)の写真 ◆庭園(曹源池=ソゲンイケ)
方丈(ホウジョウ)裏の庭園は池泉回遊庭園で、貴族文化の伝統と禅込みの手法が溶け合い、四季折々の美しさが楽しめます。国の史跡・特別名勝第一号に指定、1994(平成6)年12月にユネスコより世界文化遺産に登録されています。
石庭の写真 ◆石庭
近くより眺めることができます。
通路の写真 ◆通路
曹源池の手前です。
出入り口の写真 ◆出入り口
緑に囲まれています。
バリア情報
◇境内
バリアフリーについては考えていただいていますが、現段階では車いす使用者だけでの参拝は難しいと考えます。駐車場より本殿前へ行くのには勾配が急で約20cm間隔に滑り止めがあるので介助の方が必要と思います。散策路も段差や勾配が急な所があります。庭園拝観は一人でも可能です。
※建物内へは上がれません。
身障者用トイレの写真 ◇身障者用トイレ
西側拝観路にあります。
身障者用トイレ前の写真 ◇身障者用トイレ前
トイレ前の道(拝観路)は地道で坂がありますので走行には気をつけて下さい。
◇駐車場
専用駐車場はありませんが、入口ゲートにて『車イス使用者』がいることを伝えて下さい。
©barikan-kyoto since 2007

↑top