車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る


 ■ちょっと寄ってこ!
  ・梅小路蒸気機関車館身障者用トイレあり
  ・浄土真宗本願寺派(西本願寺)身障者用トイレあり
  ・梅小路「ん」身障者用トイレあり
  ・丸石
  ・京都舞坂
 トップページ > 京都をあそぶ > 動物園・植物園・水族館 > 梅小路公園(京都市都市緑化協会)
梅小路公園(京都市都市緑化協会)
梅小路公園(京都市都市緑化協会)
■ 基本情報
住  所京都市下京区観喜寺町
電話番号075-352-2500
FAX番号075-352-2226
利用時間24時間
休園日■緑の館等有料設備の休業日
 月曜日(祝日の場合は翌日)
 年末年始(12/28〜1/4)
身障者トイレあります
駐車場あります(有料)
>>梅小路公園(京都市都市緑化協会)のホームページを見る
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレあります
身障者用駐車場あります
土もしくは砂利敷きです
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)はありません
段差(10センチを超えるもの)はありません
階段はありません
エレベータもしくは昇降機があります
24時間利用できます
介助犬同伴可能です

■ 施設情報

梅小路公園は、市街地の中心(京都駅から西へ徒歩約15分)にありながら人が緑と花で憩える空間として、また災害時には市民の皆さんが避難できる場所として、1995(平成7)年から開園している面積約11.7ヘクタールの都市公園です。公園内には、広々とした「芝生広場」、水と親しめる「河原遊び場」、賑わいのあるイベントが開催される「七条入口広場」、フィールドアスレチックのある「ふれあい広場」などがあり、また有料施設として、建都1200年記念の日本庭園「朱雀の庭」や、自然がいっぱいのビオトープ「いのちの森」、昔懐かしい「チンチン電車」(土日祝のみ運行)、レストランや貸室(和室・茶室・イベント室)のある「緑の館」があります。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎七条入口広場
  * 4列のケヤキ並木と花壇に彩られた公園のメインエントランス。賑わいのあるイベントも開催。
◎緑の館
  * 平安遷都1200年を記念してつくられた朱雀の庭と2階(エレベーター有)が朱雀の庭・いのちの森への入り口となっています。 1階ではレストラン、イベント室、2階は茶室や和室があり、貸室(有料)として、さまざまな催しに利用できます。
◎芝生広場
  * 広々とくつろげる芝生(面積2.5ヘクタール)の広場。周囲には、ウメ、サクラ、草花、水で演出された散策路もあります。
◎朱雀の庭
  * 朱雀の庭は長年にわたって京都が培ってきた造園技術を駆使し、さらには日本庭園で使われないような洋花を積極的にとり入れるなど、伝統と創生が見事に調和したデザインの池泉回遊式庭園(9,000平方メートル)です。
料金 1人200円(小学生以上)
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
◎河原遊び場
  * 小鳥と一緒に子どもたちが水遊びを楽しめる人工の小川や池。

■ バリア情報

通路は石畳や地道ですが段差はありません。犬との散歩(舗装された道のみ利用が可能ですが芝生広場、植樹帯へは入れません。)もOKですがマナーを大切に。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎駐車場
  *24時間利用できる有料の機械式駐車場普通車:2時間まで700円。その後、1時間ごとに200円加算。身障者用は9台あります。
◎公園内多目的トイレ
  *大宮入口、七条広場、ふれあい広場の計3ヶ所にあります。
大宮入口のみ24時間利用できます。
それ以外の2ヶ所については午後5時から翌朝9時までの間、利用できません。
◎公園内トイレ内部
  *広くて清潔です。
◎緑の館入口
  *正面は階段になっていて、車いす用の入口です。
◎緑の館内エレベータ
  *2階は貸室と「朱雀の庭」や「いのちの森」に続く入口があります。
◎朱雀の庭 いのちの森入口(緑の館2F)
  *朱雀の庭と一体となったいのちの森は、都市空間に自然の生態系を復元したビオトープ。樹木が育ち、小鳥やチョウ、トンボ、セミなどがすむ環境を創造した、小さな生き物の聖域となっています。
※いのちの森へは、朱雀の庭(有料)から入場できます。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】