車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る


 ■ちょっと寄ってこ!
  ・レストラン ベルデ身障者用トイレあり
 トップページ > 京都をあそぶ > 見学・体験 > 桂坂野鳥遊園
桂坂野鳥遊園
桂坂野鳥遊園
■ 基本情報
住  所京都市西京区御陵北大枝山町1−100
電話番号075-332-4610
利用時間10:00〜17:00
(ものづくり体験館 10:00〜16:00)
休館日月曜日、火曜日、年末年始
※ただし、月曜・火曜日が祝日の場合は開園
利用料◇野鳥遊園
 入場は無料。
◇ものづくり体験館
 入場料 100円
 体験料 200円
 資料館 4000円/日(午前:1600円,午後:2400円)
◇特別体験
 700円〜1000円(親子で1口)
身障者トイレあります
駐車場あります
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレあります
身障者用駐車場ありません
土もしくは砂利敷きです
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)があります
段差(10センチを超えるもの)はありません
階段はありません
エレベータもしくは昇降機はありません
24時間利用できません
介助犬同伴可能です

■ 施設情報

桂坂の山裾のすばらしい自然環境にめぐまれ、83,000坪もの広大な敷地では、四季折々の花木、そこへ訪れるたくさんの野鳥たちを観察することができます。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎観鳥楼
  * 野鳥遊園に訪れるメジロ、キジバト、カワセミなど数多くの野鳥を観察したり、資料を調べたりできる施設になっています。
◎観察窓
  * 全面ガラス張りになっていて、目の前に広がる自然を広い視界で観察することができます。
また観察用の双眼鏡や望遠鏡も設置されており、自由に使うことができます。
※望遠鏡、望遠カメラ等の持込自由です。
※窓を開けることはできません。
◎野鳥の資料
  * 木をカービングしで作った、ここに訪れる野鳥の模型を展示。
その他、野鳥や自然のことが書かれた書籍や資料があります。
◎ギャラリー
  * 地元、「桂坂山の手倶楽部」の作品を展示しています。
◎ものづくり体験館
  * 自然の素材を活かしたものづくり体験ができます。
対象は幼児・小学生が中心ですが、親子での参加も大歓迎です。
◎森の妖精
  * 森の妖精「木ぼっくり」の楽隊が、ものづくり体験館を訪れた人を歓迎する音楽を奏でてくれます。
◎ものづくり館内
  * 机や椅子は北山のヒノキや丸太などの自然の素材を使い、木の香りとぬくもりに包まれた中でものづくり体験ができます。
また、池に面した壁は全面ガラス張りで、野鳥の観察もできます。
◎体験メニュー
  * 一般講座と特別体験のメニューがあります。
◇一般体験
 小鳥ペンダント、竹笛、かざぐるま
◇特別体験
 桂坂野鳥遊園ホームページでご確認ください。
◎野鳥観測
  * ところどころ写真のように木を組み合わせた野鳥観察の壁があります。
(車椅子ではちょっと見づらいかも。)
◎広場
  * ものづくり体験館をさらに奥に進めば、広場が広がります。
秋には紅葉がきれいですよ。
◎桂坂野鳥遊園友の会
 桂坂野鳥遊園は、児童厚生施設の認可を受け、次代を担う子どもたちが自然を大切にする感性と情操を育むユニークな野外活動の場として無料で広く市民に開園されています。
施設を一層充実し、より広く市民に親しまれるようにするため友の会を設立されています。
友の会入会は桂坂野鳥遊園または、ふれあい会館までお申し出ください。
◇年会費  個人(千円) 団体(5千円) 企業(1万円)
◇終身会費 個人(1万円) 団体(5万円) 企業(10万円)
申込・お問合せ先:桂坂野鳥遊園 075-332-4610
         ふれあい会館 075-333-4657

■ バリア情報

※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎園入口付近
  *雰囲気のある門をくぐってすぐ目の前は階段になっていますが、右に昇るスロープを上ると、観鳥楼やものづくり体験館に行けます。
◎身障者用トイレ1
  *スロープを登りきって左へ進むとトイレがあり、そこに身障者用トイレもあります。
◎観鳥楼入口
  *観鳥楼に入るにはスロープを下りますが、下りきったところにちょうど溝があります。高さ1〜1.5cm程度。勢いをつけて下りると転倒の恐れがありますので、ゆっくり気をつけて下りてください。
◎野鳥観察
  *望遠鏡など車椅子でものぞきやすく、足がテーブルの下に入れることができます。
◎身障者用トイレ2
  *ものづくり体験館内に身障者用トイレがあります。
◎ものづくり体験館
  *さほど気にはならないと思いますが、玄関ホールと工作室の間に少し段差があり、スロープになっています。
◎広場
  *広場へ行くには石橋を渡らないといけませんが、橋の両端が若干の段になっているので気をつけてください。
◎広場内
  *広場内は舗装されていません。土のままで、なおかつスロープになっているので移動にはだいぶ力が必要になります。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】