車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る


 ■ちょっと寄ってこ!
  ・京都御苑身障者用トイレあり
  ・京都御所身障者用トイレあり
 トップページ > 京都にふれる > 御所・御苑 > 京都御苑「閑院宮邸跡」
京都御苑「閑院宮邸跡」
京都御苑「閑院宮邸跡」
■ 基本情報
住  所京都市上京区京都御苑3
電話番号075-211-6348
FAX番号075-255-6433
利用時間9:00〜16:30
休業日月曜日
年末年始(12月29日〜1月3日)
利用料無料
身障者トイレあります。
駐車場あります
>>京都御苑「閑院宮邸跡」のホームページを見る
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレあります
身障者用駐車場あります
土もしくは砂利敷きです
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)はありません
段差(10センチを超えるもの)はありません
階段はありません
エレベータもしくは昇降機はありません
24時間利用できません
介助犬同伴可能です

■ 施設情報

閑院宮家は伏見宮家、桂宮家、有栖川宮家と並ぶ四親王家の一つで、1710年に東山天皇の直仁親王を始祖として創立され、公家町南西部のこの場所に屋敷を構えました。創建当初の建物は天明の大火(1788年)で焼失しています。現在の建物は明治16年に新築され、昭和24年、京都御苑が国民公園となってからは、厚生省のちに環境庁の京都御苑管理事務所などに使用されていました。平成18年3月に改修工事を終え、京都御苑の自然と歴史についての写真・絵図・展示品・解説を備えた収納展示室と庭園などを開放しています。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎正門(東門)
  * 石畳で段差のない入口です。
◎車寄せ・玄関
  * 母屋は中庭を囲む木造平屋建の四つの棟で構成され、床延面積は857.56uあります。
◎南棟
  * 最も大きな南棟は書院造で棟高が9.85mあり、現在は収納展示室になっています。
◎収納展示室への廊下
  * 綺麗な板張りの廊下です。
◎収納展示室入口
  * 美しい襖絵の前を通って収納展示室へ入ります。
◎収納展示室内
  * 様々な写真や絵画、展示品と解説により、京都御苑の自然と歴史について詳しく知ることができます。また図鑑や参考図書を備えたライブラリーコーナーも設けられています。
◎中庭
  * 中央に明るい日差しの中庭があります。
◎庭園
  * 当初の庭園は18世紀中頃に作庭されたことが分かり、今回の整備では作庭当時の遺構は保存し、作庭当時の池の意匠を復元しています。

■ バリア情報

入口付近は少し深い砂利道で介助が必要ですが、玄関へはスロープで上れます。収納展示室へは参観用の車椅子に乗換えて観覧します。邸内は段差なく移動は楽に行えます。駐車場は中立売西駐車場を利用、身障者用は2台分あります。
※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎バリアフリーへの取組み
  *以前は深い砂利で、車椅子での利用は介護者無しでは難しかったのですが、現在実験的に砂利が逃げて沈み込むことを防ぐためのプラスチック製のプレート(「砂利想い」という製品)が埋設され、かなり移動しやすくしていただいています。
◎スロープ
  *なだらかなスロープで玄関へ上れます。
◎インターホン
  *スロープを上った入口前に、インターホンが設置されています。
◎身障者トイレ
  *建物に合せた板張りの綺麗なトイレで、引き戸の入口になっています。
◎トイレ内
  *広く利用しやすいトイレです。
◎参観用車椅子
  *建物内は土足厳禁で、一般の方にもスリッパへ履き替えて入っていただくことになっていますので、参観するには車椅子を乗換えての見学になります。乗換えが不自由な方は雑巾を持参して、タイヤを良く拭いてから、係員の了解を得て入場してください。
※皆さんが気持ち良く利用するために、マナーをお守り下さい。
◎AED(自動体外式除細動器)
 受付にAEDを設置しています。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】