車椅子で京都観光 バリアフリー情報満載 ばりかん!京都

観光・食事・買物・宿泊・交通など京都府下のバリア情報


 ● アイコンの見方
 ● 詳しい地図を見る

 トップページ > 京都をあそぶ > 見学・体験 > おさぜん農園
おさぜん農園
おさぜん農園
■ 基本情報
住  所京都府八幡市内里奉行路
電話番号075-982-6757
利用時間◎1時間食べ放題
土日祝 9:00〜15:00
平日  10:00〜15:00
◇予約受付時間
9:00〜15:00まで
※シーズン中無休
休館日毎週火曜日
※火曜祝日の場合、翌日
利用料◇12月〜3月
 大人 1,800円  子供 1,500円
◇4月〜GW
 大人 1,500円  子供 1,000円
◇GW以降〜
 大人 1,200円  子供 700円
※大人は中学生以上、子供は3歳から小学生
※3歳未満のお子様は無料
※お持ち帰りは別途料金
※完全予約制です。
※当日申込の電話対応はいちごの成り具合により、可能の場合あり
身障者トイレバリア情報参照
駐車場あります
>>おさぜん農園のホームページを見る
*
*

■ バリア情報アイコン
身障者用トイレありません
身障者用駐車場ありません
土もしくは砂利敷きではありません
施設内スロープもしくはフラットです
段差(10センチ以下)があります
段差(10センチを超えるもの)はありません
階段はありません
エレベータもしくは昇降機はありません
24時間利用できません
介助犬同伴はご遠慮ください

■ 施設情報

※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎イチゴ狩り
  * 6棟のハウスの中で、約15000株のイチゴを栽培されています。
いちごの品種は『章姫』と『紅ほっぺ』。
それぞれのイチゴの味を食べ比べながら、ビタミンをとって、健康に、美容に効果抜群です。
◎おさぜん農園の想い
 1.安心・安全・新鮮ないちごを自らの手でお客様に届けしたい!
2.全てのお客様が満足して頂くまでいちごを食べて頂きたい。
3.ご家族・お友達・カップルで、ゆっくりいちご狩りを楽しんでもらいたい!
という想いで頑張っておられます。
◎直売
  * おさぜん農園のいちごや、自家製のいちごやジェラート、おさぜんグッズも販売されています。
ホームページでネット販売もされていて、秋には梨の直売もされています。
◎お車でのアクセス
  * ◇国道一号線から
国道一号線「八幡中代」交差点を、府道736号線側(京田辺方面)へ曲がります。
しばらく進むと写真のような看板が立っていますので、看板に書かれている指示通り進むとおさぜん農園があります。
◇第二京阪道路、または京田辺方面から
第二京阪道路を大阪方面から来られた場合、ICを降りてすぐUターン、京都方面から来た場合、そのまま進むと府道282号線にあたるので、国道1号線方面へ右折。京田辺方面からの場合は府道282号線を直進すると、写真のような看板が立っていますので、看板に書かれている指示通り進むとおさぜん農園があります。

■ バリア情報

※写真をクリックすると大きく表示されます。
◎駐車場
  *ハウスの正面に20台分駐車場があります。
舗装はされていません。
土と舗装された部分の境界に少し段差があります。
◎ハウス正面
  *ハウス正面はハウスに向かって下り勾配のコンクリートのスロープになっています。
写真左の建物が直売所で、車いすでも十分入れる広さです。
◎ハウス入口
  *ハウス入口にグレーチングと、扉用の溝があり注意が必要です。
とくに入場時は下ってきてのグレーチングのため、車いすのキャスターのはまり込みに注意です。
◎ハウス内
  *いちごは高設栽培のため、車いすでもいちご狩りを楽しめる高さにいちごが成っています。
通路幅も十分に広く、他のいちご狩りを楽しんでおられる方とのすれ違いも問題なくできます。 また、通路シートを敷いておられることもあって、車いすでの移動もしやすくなっています。
◎トイレ
 一般のトイレはハウス正面脇に仮設トイレを設置されています。
身障者用トイレは農園敷地内にはありませんが、少し離れた場所に「有都福祉交流センター」という施設があり、そのトイレが利用できます。
月曜日から土曜日は普通に利用できますが、通常日曜日は閉められていますので、予約時に車いすである旨を農園に伝えておくと、トイレを利用できるよう開けていただけるそうです。
 
ばりかん!とはプライバシーポリシーリンク集お問合せ掲載希望広告掲載について 
Copyright(C) Barikan-KYOTO Project All Right Reserved.
【このホームページに掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】